せどり入門

せどりとは

せどり(競取り)とは、辞書で調べると「同業者の中間に立って品物を取り次ぎ、その手数料を取ること。また、それを業とする人。」

しかし、近年ネットオークションなどで行われている古本の転売で利益を上げることを「せどり」と言われています。

せどりで儲ける流れですが、まずブックオフなどの古本屋やネットで安く古本を仕入れます。
それをネットオークションやアマゾンマーケットプレイスなどに出品して利益を出すということになります。

古本には一冊数千円以上の値が付くプレミア本もありますが、実践している人の話では安く仕入れてそれに数百円〜数千円程度の利益を上乗せして利益を出すようです。
その中でプレミア本を発見できれば更に利益が大きくなるという考えのようです。


古本屋で売られている100円コーナーの本ならどれでもいいという訳でもなく、ある程度の知識や調べる努力が必要になります。
ですので、最初からすぐに儲けることが出来るようにはならないと思いますので、知識やノウハウが増えてくるまでの期間が必要になります。

出品するのアマゾンやヤフオクが中心ですので、それらのサイトでや相場を検索できるサイトで調べることになります。現場で携帯電話を使ってチェック(パケット定額への加入は必須かもしれません)するのも良いかも知れません。

仕入れは、周れる範囲で地元のックオフなどの本屋を出来るだ多く確保しておいて、1,2週間に一度程度仕入れに出かけるパターンが多いようです。

かんたんに説明しましたが、このような流れで沢山の古本をヤフオ・クアマゾンなどに出品利して益を出すことを「せどり」と呼ばれてるようです。

素人には難しいのですが、マーケットプレイス携帯サーチ[MKS] というサービスもあります。

↑はノウハウや高値で売れる本のリストなどの販売

オークション仕入れ!副収入


在宅バイト